小さい頃から今も続けている習慣

2015.05.23独り言

寝る前に自分のなりたい姿を思い浮かべる

私が小さい頃から寝る前には、将来になりたい姿を
思い浮かべることをしています。

これは私の姉から教えてもらったことで、
想像し具体的なイメージを自分の中に落とし込み・刷り込むことで、
自分の目標だったり夢を常に意識するための習慣です。

どれだけ近づいているか、あとどれくらいの努力が必要なのか

寝るときは誰もが「無」に近い状態になると思いますが、
自分のなりたい姿とありのままの今の自分が、どれくらいギャップがあって、
今はどこまで近づけているのかを考えるのに最適なタイミングだったりします。

一日をほんの少しずつでも、プラスを積み上げていくことが、
目標達成には必要なことなので、これからも続けていきたいと思います。

しかし、経営者は短期的にマイナスなことだとしても、
将来の大きな成長やプラスにつながるための決断をしなくてはならないので、
厳しい状況でも仲間を信じ、耐える力も必要だと感じる土曜日のひと時でした。

Share this news

New新着記事

2019.07.15 専門誌『THE EYES』にじいろ補聴器 紹介
2019.04.06 会社設立4周年・第5期にあたってご挨拶
2019.03.15 にじいろ補聴器は開店1周年を迎えました