チームプレイで、できることが増える

2015.11.12社長業

タイトルを見た方は、「そんなの当ったり前じゃん」と思うかもしれませんが、
チームプレイと言っても、私たちのチームはほんの数名のチームです。

でも、ひとりとふたりの違いをここまで感じたのは、
初めてのことだったので、ご紹介したいと思います。

そもそも弊社は、私がひとりでデスクやPCを揃えるところから始まっていますが、
創業してから7ヶ月が経過し、ようやく、メンバーやパートナーと協力しながら、
仕事を進めていくことができるようになってきました。

ひとりとチームは、ぜんぜん違う

会社設立をする前は、個人事業主として活動することも考えていましたが、
ひとりで仕事をするのと、チームで仕事をするのでは、多くの違いがあることを改めて知りました。

私ひとりでできることはとても限られていますが、
メンバーの強みを活かして仕事をすると、
想像もしなかった結果に、驚くことがあります。

それは時にはスピードかもしれません。
そして時には革新的なアイディアかもしれません。

私自身、昔はチームプレイに苦戦することも多かったのですが、
個の集まりではなく、個と個が互いの強みを融合させ弱みを補う組織をつくることで、
チームプレイが実現できるのだと感じています。

特に創業間もない会社は、
サービスも事業も、まだ定まっていないことが多いので、
「チーム」こそがその会社の価値と言っても過言ではないと思います。

できなかったことができるようになっていく

最近、できなかったことができるようになっていくことに、喜びを感じています。

端的に言えば、会社としてできることが増えてきているのですが、
これだけ少人数の会社だと、メンバーの成長やパートナーとの連携など、
人が変わっていくことで、会社が変わっていくことが目に見えてわかるのです。

もちろん、製品やサービスが世に出てコンシューマーやクライアントが喜んでくれて、
初めて会社や事業の価値が認められるのは百も承知なのですが、

新たな価値を生み出すためには、作り出している人が楽しみ・喜びを感じていないと、
中々新しい革新なんて生まれないんではないかなぁと思うのです。

きっと、今その土壌を形成している段階にあるんだと思っています。
そして、次回こそ皆さまに弊社のサービスをご紹介できるように頑張ります!

Share this news

New新着記事

2019.07.15 専門誌『THE EYES』にじいろ補聴器 紹介
2019.04.06 会社設立4周年・第5期にあたってご挨拶
2019.03.15 にじいろ補聴器は開店1周年を迎えました